しっかりとした計画の元お金は借りるべきです

学生時代なんとなく勧められるままにクレジットカードを作ってみました。 当時の私にはクレジットカードやキャッシングの知識がほとんどなく、ただのポイントカード気分で作ったのですが、それに限度額50万までのキャッシング機能があることを知り 、若気の至りで遊ぶお金に使ってしまっていました。 当時の収入はパチンコ店で働いていたこともあり23万程あったのですが、なんだかんだと気付いたら無くなっている始末。 しかし、無知な私はまた借りればいいやという安易な考え方で、危機感は全くありませんでした。 その為、気付くと満額になっていたのです。 月々の支払いは15000円ほどでしたが、その殆どが利子でした。 簡単にお金が手に入ることで変な錯覚に陥っていたのです。 パチンコ店を辞めてからは、さほど収入も無くなってしまい、今度は生活費で返しては借りての繰り返しの悪循環。 返済した額よりも多い額を借りるので、結局マイナスだったのです。 それでも、どうにかなると思っている自分がいました。 働けばいいやという安易な考え方を持っていたのだと思います。 しかし、その後子供ができて、家を買うなどの話になった時に私の借金がネックになりローンが組めないことがありました。 その時に自分の浅はかさに情けなくなりました。 結局返済には3年程かかってしまいました。 今でも、たまにお世話になることはありますが遊びで使うことはありませんし、借りた額は一括で返せるように計画的に利用させていただいています。